ニュースレター一覧

安心と実績のあるホームページ作成会社をFは運営しています。

2017-4月 ニュースレター93号


私自身が見積もりをやめることによりFは大きく成長しました。

写真でいかに社内の空気感を出せるかわかった

小さな案件もお受け出来るようになりました
<編集後記>
ホームページで結果を出すことに重きをおいて、
最上の提案をいつもしてきました。5年間使うホームページだから
せっかく良いものを持っているのですから、全て出したほうが、
お客様にもスタッフにも伝わり、経営が楽になる。社員も喜びうまくいく。
という事をしていたのですが、金額で折り目が付かず、作れない人がいる事に
悩んでいました。他社で作るのは大歓迎ですが、
かなり妥協をして制作をしており、経営が楽になっていない。
他社でのリニューアル後を見ると残念な気持ちになります。
弊社で安く出来ないかなぁ。もっと柔軟に考えれないかなぁ。
どうにかしたい想いで考えると、小さな修正でも大きな橋渡しになれる箇所を
見つけることができるようになりました。
今まで断っていた小さな案件を、要所要所の修正で、結果を出して
繁栄していくホームページでご依頼できるようになりました。
やっと上がりゆく制作金額を止めることができ、お客様に合わせたホームページを
作ることができました。私自身が見積もりをすると、完璧に表現したいので高くなる。
スタッフが話を聞いて、私に話してくれると、
フルリニューアルをするのも本当に良いと思うけど、
ここと、あそこの変更で大きくなれると思うよ。とアドバイスができる。
企業のスタンスに合った提案をゆっくりとすることができるようになりました。
これにより、私がスカイプや打合せをすることはほとんど無くなりました。
スタッフ達がお客様の話を聞き、持ち帰り吟味して提案をする。
このような提案方法に創業以来の12年ぶりに変わりました。
お客様と密に関わり結果を残していけるようにしております。
目的もなく生き急ぎすぎた自分にストップをして、
仙人を目指すという新たな目標を掲げて、毎日ヨガに行ってます。
新しいFのになるに連れて、多くの人に無理のない生活を提案してます。
社内の空気感を出した写真も取れて、スタッフが成長できていることがわかります。



2枚目は写真でいかに社内の空気感を出すことができるか。
カメラマンの方にFの写真を撮影して頂きました!


3枚目は、欲しい見積が来ない最悪の状況だったFのホームページ。
滞る場所を何度も修正してお問合わせの質を改善することが出来ました。