ホームページにおけるお客様の声の効果とその集め方をFロクが解説

> サイトマップ
このエントリーをはてなブックマークに追加
売れるノウハウを知ってホームページだけで営業できるようになった!その理由とは
トップページ> 「お客様の声」は大切

お客様が評価できる仕組みが発展しており、現実社会の噂話がネット社会でも再現できるようになっています

「お客様の声」は大切

コミュニケーションが苦手な現代人にとってインターネットはとても重要な
ツールになっています。インターネットで情報を集める人が増えて最近では
「お客様の声」を信頼する人が多くなってきています。したがって、
お客様の声はホームページでの売上げのために不可欠で効果的なものになっています。

と思っている人は多いと思います。私も最初は誰も書いてくれませんでした。
そのような場合は仲の良い常連さんにサービスをしてまでも率直な意見を書いてもらいます。
1つ集まれば、書いてくれる方法がわかりだし、その後は順調にお客様の声が増えていき、
ホームページでのお客様の声が効果的になっていきます。

どんどん発展するクチコミサイト

大手宿泊予約サイトや楽天ショッピング、オークションなどでは、
まずはユーザーの評価を見てから決める人が多くなってきています。

必ずしも良い評価がつくとは限らず、ダメな評価が多い場合もありますが、
店主がフォローのコメントをしっかり入れて信頼度を高めていけば、
良心的なお店や会社とみなされて高評価に変わることもあります。

昔は評価する人が少なかったので参考にならなかったのですが、
ブログやミクシィが普及して時代の流れが変わり商品を選ぶなら、
まずはクチコミの評価という流れになっています。

お客様が評価できる仕組みやお客様の声が発展しており、
とても効果的で現実社会の噂話がネット社会でも再現できるようになっています。

安易な考えで炎上!クチコミ捏造の危険性

お客様のクチコミ評価を自分で捏造するのは大変危険です。
どんなに上手く書こうとしても、購入前のお客様にはわかってしまうことが多いのです。
大手企業も安易な捏造をして掲示板などで取り上げられ、インターネット上で大炎上し、
ブランドイメージを下げてしまうということも多くありました。

クチコミをひとつの武器にするのであればしっかりとお客様の声をもらう仕組み、
もらえる関係
をつくらなければいけません。お客様がいなければ、最初は親族でもかまいませんが、
ここでしっかりと心を込めて対応しておけば、それ以降はお客様からの声をもらえるようになります。

お客様の声を集める仕組み作りから始めましょう

お礼の電話はありますが、何通も手紙が送られてくるようなことは実際にはあまり起きません。
私自身も手紙が来るのを待っていましたが、自分も滅多に書かない感謝の手紙を他人からすぐに
もらえるはずがありません。お客様の声はお叱りの言葉も含め、もらいに行かなければいけないのです。

お礼の手紙が多い会社は、「手紙をくれたら1000円キャッシュバック」「モニター募集」
「体験談を書いてくれた方には半額」などのキャンペーンをやっている会社も多いです。
そして、その手紙をホームページに出す時は、
「こんなにお手紙をいただいてます」と自然に来た感じを装い、
お客様の信頼を得ています。

売れているお店でさえもそのようなキャンペーンをやってお客様の声が
やっと集まるのですからあなたも待っていないで集める仕組みを構築してください。
積極的になれば、必ず何かしらの声が集まります。

良い評価ばかりではありませんが、お叱りの声こそお店や会社を成長させてくれます。
また、喜びの声はスタッフのやる気と、自分のビジネスが間違っていなかったという
明日へのモチベーションを上げることにも繋がります。
そうなれば、もっと良い仕事へと繋がっていくのです。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • はてぶでシェアする