ホームページで価格を載せるべき理由をFロクが紹介しています

> サイトマップ
このエントリーをはてなブックマークに追加
売れるノウハウを知ってホームページだけで営業できるようになった!その理由とは
トップページ> ホームページで価格を出すのは有利?不利?

価格はできるだけ明確に出し、業界水準より高いとしたらその理由と価値を説明しましょう

ホームページで価格を出すのは有利?不利?あいまいな価格表示はお店都合が透けて見える?!

ホームページに価格を載せるべきか迷っている方、
どんなに差別化を図っても、お客様が最初に見に行くのは価格が掲載されたページが圧倒的に多く、
人気が高く閲覧回数が多いページも価格表示のページです。

どの価格表示が検討しやすいか
「価格はお問合わせください」だとどうなる?

「5000円から」というあいまいな価格表示や価格を書かないのはおすすめできません。
実際、明確に価格表示したホームページのほうがはるかに人気があります。
価格を載せるか載せないかはお店側にとってとても難しい問題で、
ライバルにマネされるのが嫌なので価格を出さない人もいます。
しかし、ライバルがお客様のフリをして注文すれば
すぐに知られてしまうためあまり意味がありません。

「価格はお問い合わせ後」というホームページでは
お問い合わせが少なくなるか「とりあえずこの会社でも見積もりを取ろう」と
他社との価格比較をされる可能性が高いものですから、
ライバルより価格が高くても金額を明記して明確にするほうが良いのです。
ほとんどの場合、高くても価格を載せたほうが価格を出さないよりも注文が入るものです。

高いものにはそれなりの理由があるはずなので、
その理由を書いてライバルとは違うサービスで挽回し、
その価格でも注文してもらえる仕組みをつくりましょう。

サービスの価格幅があって表示しにくい場合には、
相場の安価な表記も含めて「9800円~16800円」などとしておき、
電話で自社のメリットをアピールして、正規価格で受注するのがおすすめです。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • はてぶでシェアする