ホームページの実例から売れる理由をFロクが解説します

> サイトマップ
このエントリーをはてなブックマークに追加
売れるノウハウを知ってホームページだけで営業できるようになった!その理由とは
トップページ> ホームページの実例

ホームページ作成を理解すれば誰でもお金をかけずに売り上げを上げることができます2

ホームページの実例
売れる要素を理解してから作ることの重要性 実際のホームページを見てみる このホームページで本当に売り上げが上がると思いますか?

実際に「売れる要素」を理解してからホームページの作成を始めた人の例を最初に
紹介します。その人は文章やキャッチコピーの書きかたや写真の配置そして、
売れる要素などのアドバイスを聞いてからホームページを作成しました。
そのホームページが上の画面です。

お世辞にも見た目のデザインのセンスはあまり良いとはいえません。
しかし実際は売れています。このホームページにはキャッチコピーや文章、
信頼できる写真など、多くの正解があり実は的を射た非常に良いホームページなのです。

では仮に住宅ローンで悩んでいる人の気持ちになってもう一度見てください

いかがでしょうか? 気持ちの変化はないでしょうか?
もしかすると、頼んでいいかもという人が出てきたのではないでしょうか?
最初あんなにデザインセンスが無いと思っていたのにデザインなど気にせずに
キャッチコピーや写真だけで「おっ!」と思った人もいるかもしれません。
このホームページは売れる本質を理解した人が自分で作成したものです。

このような例からも、ホームページの本質をきちんと理解さえすれば、
デザインもあまり関係なく売れることがわかると思います。
ホームページが売れる理由は見かけがすべてではないのです。

失敗の実例:最初に小さく作った英会話教室のホームページ

デザインは前の例と同じくらいのレベルですが、内容がよくありません。
英会話を学びたいという気持ちになって見たとしても、このホームページで
申し込みたいとは思えません。実際に1年運営しても問い合わせがゼロでした。
しかし、アクセスは英会話にて3位だったため毎日300人ほど来ていました。
しかし、内容が悪かったため成約は0です。

このスクールは、とりあえず小さくスタートしたいという思いで
ホームページを始めましたが待てど暮らせど問い合わせはありませんでした。
しかし、何とかしたいという思いからホームページ制作の依頼をされました。

依頼を受けてリニューアル。あなたならどちらに惹かれますか

このホームページを運営しているのはまったく同じスクールです。
また、サービス内容も同じです。しかし、リニューアル後のホームページ
のほうに好感を持つ人が多いのではないでしょうか。
サービス内容は同じですが、デザインの一新、文章の強化、
ターゲットの選定
などを変更した結果、リニューアル後のホームページから
数多くの申し込みがありました。そして売り上げは大きく上がり、
英会話の受講生は満員となったのです。

このように、ホームページが売れる理由は、
ホームページを 訪れるお客様の立場に立って
ホームページを理解すれば誰でもお金をかけずに売り上げを上げることが
できますし遠回りをせずに早く売り上げを上げて良いスパイラルに入れます。

英会話スクールの例では、とりあえずホームページがなければと焦ってホームページを作成して
結局身動きが取れなくなり、一度失敗してしまいました。根本的な目標をきちんと立てていなかったので、
ホームページをつくり直すはめになりましたがつくり直す気力もなく放置されていました。
このようなケースは実際にたくさんあります。 確実に売れる結果が欲しければライバルのホームページより
少し大きくしてスタートしたほうが確実となります。

インターネットのお客様は検索してあなたのホームページに来ます。
お客様はクリックひとつで会社を判断します。ライバルよりも多少順位が良くても、
ホームページがライバルより劣っていれば、当然ライバル店でお客様は購入してしまいます。
そうなると大も小もなくなってしまいます。

戦略を立てる作業がとても簡単です。ホームページが売れる理由は
あなた自身が営業で何を喋っているのかをストーリーにすればいいだけです。
お客様が目の前にいる時にあなたが何を話しているのかを思い出してストーリーを作成すればいいのです。
そのストーリーの組み立てが戦略を立てることになります。

1点だけ気をつけたいのは、お客様がどういった経由で
ホームページにアクセスしたかということです。
お店であれば、チラシやテレアポかもしれませんが
インターネットでは自発的に探して来る方が多いです。

他社の営業の電話がかかってきて費用の平均を見るためだったり、
もっと業務改善するため、もっと快適に過ごすためだったり、
どんな経由で来ているのかを想像して、売れるストーリーを構築するとさらに売れるようになります。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • はてぶでシェアする