アクセスがあるのに売れないのは上位表示にこだわり過ぎて大切なことを忘れているからではないですか?

> サイトマップ
このエントリーをはてなブックマークに追加
売れるノウハウを知ってホームページだけで営業できるようになった!その理由とは
トップページ> 検索上位表示にまつわる「嘘」

上位表示にこだわりすぎて大事な事を忘れていませんか

検索上位表示にまつわる「嘘」

このような考え方はとても危険です。アクセスがあるのに売れない。
私はこのような考えから生まれた数多くの失敗を見てきました。
この危険性を知らないと、お金と時間の大きな損失を出しかねません。

ホームページで失敗する人に1番多いのが、
検索上位対策にハマッテしまい肝心なことを忘れてしまう人がいることです。
「内容の事には触れずに、あとはアクセスさえあれば売れる!」という勘違いです。
アクセスさえあれば多少は売れるのではという希望を捨てられないのです。

そんなことを考えている矢先に営業の電話が鳴ります。
そして、「ホームページを拝見しました。良いホームページですね! 
さすが社長! 検索の上位表示対策をしたら絶対売れますよ!」というような
営業電話に乗せられ何万円、何十万円も支払って対策を頼んでしまいます。
これで売れればいいのですが、1位表示ができてもたいていは売れません。

1位表示なのに売れないその理由とは?1:ホームページ自体が本当に良くなかった、2:上位表示するキーワードが良くなかった

「1」はわかりやすいですが、「2」のキーワードの問題に気づかない場合がよくあります。 
対策業者によっては上位表示しても売り上げが上がらないキーワードを平気で勧めてくる場合があります。
また、実は簡単に上位表示できるキーワードなのに「むずかしいですが、なんとかやってみます」という
作成会社もあります。 ここで気をつけるべきなのはもともと「検索上位の対策業者」、「ホームページの
作成会社」、「売り上げを上げる会社」は、それぞれ役割が異なるということ。

依頼する際は会社の得意分野があることを考慮しよう

また最近は、簡単に上位表示できるキーワードではライバルが多くなって、
売り上げが上がりにくい傾向にあることにも注意してください。
そのキーワードの上位表示がむずかしいのか、アクセスがあるのに売れない、
簡単なのかは何も知らない初心者には判断がつきません。
そのため、こんなことになるのならホームページを作成しなければよかったと考えてしまうのです。

上位表示しても売れない理由ここまで
アクセスは大切ですが・・・まずは成約率がとても大切 

インターネットの世界には面白い法則がいくつもあります。
そのなかのひとつが「成約率」というものです。
この成約率とは、ホームページを見た人の内、何人が成約してくれるかという割合です。
もし、100人中1人の成約があれば、成約率は「1パーセント」になります。
一般的に、この1パーセント以上の成約率を達成できるホームページを運営すれば、
インターネットで食うに困らないといわれています。

もしも1%の成約率があれば・・・

この1パーセントの成約率を出すホームページを運営できれば、
次の100人の来訪者中で成約してくれる人が1人現れます。
さらに1000人来れば10人が成約する
ホームページになるということです。
嘘みたいな話ですが、今来ている100人のお客様と、
これから来る100人のお客様はまったく異なるのに
成約率の法則は簡単には崩れません。
私も最初は嘘だと思いましたが、
この成約率はどのホームページでも実証されています。

「アクセス数×成約率=受注数」という方程式が成り立つのです。
もちろん放っておけば時間の変化と共に成約率は下がっていくため、
成約率を維持する仕組みをつくらなければなりません。
しかし、この法則が使えれば「広告を出してアクセス数を増やせばもっと売れる!」
という対策も行えるようになります。

少しでも成約率を上げることに注力する

成約率の方程式のポイントは掛け算だということです。
「アクセス数×成約率=受注数」なので、アクセス数か成約率のどちらかがゼロなら受注もゼロです。
一方でどちらかの数値が少しでも大きくなるとグングン伸びます。

つまり、あなたのホームページに今、1000人のお客様が来ていて購入者がゼロなら、
いくらアクセスアップをがんばっても購入する人はゼロだということです。
そのような時は上位表示対策業者の口車にのせられてアクセスアップを目指すよりも、
購買意欲を持たせるようなサイトづくりや、仕組みづくりを優先すべきです。

現在の成約率を見極めてからキーワードを決める

もう一点気をつけるのは、検索上位表示対策のキーワード変更には時間と労力がかかることです。
いきなりキーワードを決めて上位表示しても効果がない場合もあるので、見込み客が多いのかどうかを
すぐに知りたい場合はグーグルの「アドワーズ」やヤフーの「ヤフーリスティング広告(旧オーバーチュア)」
などのクリック課金広告を行ってみることをおすすめします。
今のホームページに自信のある人は、まずはこれらを試してから成約率を見極めて、
それから検索上位を考えても面白いと思います。

ホームページの価値ここまで
検索上位表示対策の失敗例

私の会社のホームページの検索上位表示対策をした後に「ホームページ作成」と
検索すると、私の会社がヤフーで2位、グーグルで3位に表示されるようになりました。
6億件中の2位と3位です。アクセス数を調べるツールで見ると月間予測クリック数は
「6万件」です。上位表示をすればきっと一生仕事に困らないだろうと思って
がんばった結果です。この2位と3位の座を手に入れた瞬間、
「これで人生成功!人生完成!」と喜んだことを今でも覚えています。
しかし、現実はそう甘くはありませんでした。

ひやかし電話しか、かかってこない・・・

検索結果が2位になっても実際の訪問クリック数は1日60件しかなく、
月間の統計を見ても約1800アクセスだけでした。

ホームページ作成会社のなかでも1位表示なのに売り上げが上がらず、
見込み客も来ず、ついには冷やかしの電話が大量にかかってくるようになりました。
夢見ていた結果とまったく違う……。今までの努力はなんだったのか。

インターネットはお金がざくざく儲かる打出の小槌ではなかったのか・・・
このように、上位表示してから甘い話がないことに気がついたのです。

訪問してくれた人に向かい合う日々を続けて・・・

そこで、いま訪問していただいている1日60人のお客様に目を向けて、
楽しんでもらえるホームページに変更していきました。
そうすると閲覧率が増えてきて注文も入るようになり、
ホームページ作成の営業は軌道に乗りました。その後の5年間、
インターネット以外の営業を一切せずに、売り上げを伸ばすようになりました。
私の場合はキーワードというよりもホームページの内容が悪かったのです。

自分の理想とするビジネスが出来るように!

また、対策ツールに騙されて「ホームページ作成」というキーワードにしましたが
「ホームページ制作」で上位表示すればまた違った結果になったと思います。
もし、「WEB作成」「WEB業者」「ホームページ業者」というキーワードだったら
望まない下請け業者になっていたかもしれません。
このように、自分のビジネスに合ったキーワードの選定がとても大切です。

ホームページの価値ここまで
人にも検索エンジンにも優しいページづくりをする

ホームページはお客様が見るためのものですが、検索エンジンロボットとも仲良くしなければ
インターネットの世界では生き残れません。検索エンジンがあなたやライバルのホームページの
検索順位を決めているからです。しかし、人が見やすい物、有益な情報を検索順位に上げることが
検索エンジンの努めだと思っております。この考え方にマッチすることが出来れば、上位表示されます。

検索順位の判断基準に大きく差はありません

判断基準は定期的に変わりますが根本的には大きく変わりません。
ホームページの完成時に検索上位表示対策を行なって
真面目にホームページを運営すれば、大きな順位変動もなく上位表示ができます。

毎日膨大な数のホームページが生まれているため、ある程度上位表示がされるまでは、
検索ロボットの判断だけで検索結果が決まっています。
上位表示されれば最終的に検索エンジン会社の人間が
上位表示の正確さをチェックするともいわれます。

どんな情報が必要か?よく考えて作成しよう

お客様が欲しい情報のページは、「Q&A(質問コーナー)」「会社概要」「特定商取引」「利用規約」
「サイトマップ」「プライバシーポリシー」「用語集」などです。
これらのページがホームページ内に存在するだけでお客様は好感を持ちます。
「Q&A」や「会社概要」などは、しっかりとした会社かどうかという判断項目も入っています。

ポイントここまで

 

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • はてぶでシェアする