ホームページを作れば売れると誤解をしていませんか?よくある3つの誤解を紹介しております

> サイトマップ
このエントリーをはてなブックマークに追加
売れるノウハウを知ってホームページだけで営業できるようになった!その理由とは
トップページ> ホームページづくりの3つの誤解

ホームページ作成Fはデザインだけを追求してホームページ作成しても自己満足で終わるだけと考えます

ホームページづくりの3つの誤解 売れるホームページが作れない原因を探る!

まずはホームページ作成の基本中の基本。それはパソコンの使い方でも、ビジネス戦略の極意でもなく、
あなた自身がホームページ作成に対する間違った認識と誤解を捨てることから始めます。
デザインも内容も素晴らしいホームページを作るにはそれなりに費用がかかることは事実ですが、売れるように作るために重要なポイントをおさえることで、無駄のない効率的なホームページ作成ができるようになります。

このホームページのトップページを一通り読んだあなたには
ただホームページを作っても商品が売れないことが少しずつわかってきたと思います。

ホームページをただつくっただけでは商品は売れません。
お客様に伝える、情熱をかけることで売れるように変化していきます。

売り上げが上がるかどうかは、中身があるかどうか、
つまりお客様の希望を満たしたホームページなのかどうかということです。
ついついきれいなデザインを求めがちですが、デザインだけを追求して
ホームページをつくったとしても自己満足で終わるだけです。
それではお客様の心には絶対に届きません。

きれいなデザインにしてもかまいませんが、
売り上げの上がるホームページの要素を満たすことを忘れてはいけません。
そして、綺麗なデザインで満足してはいけません。
効果を出してからこそのホームページとなります。

ホームページ作成するにあたり、パソコンが得意でも、その会社や
お店のお客様をしっかりと考えて
いなければ、売り上げの上がる
ホームページはつくれません。
会社内でホームページ担当になる方はパソコンが得意な
人ではなく商品を一番愛している人や一番営業成績の
良い人が担当してつくることをおすすめします。
パソコンスキルが高くても売れない営業マンがつくった
ホームページで売れる訳がありません。
自分の会社を何も知らない作成業者がカタログだけを見て、
どんなにきれいなホームページをつくったところで商品が売れる訳がありません。

インターネット上のビジネスとはいえ、商品を売るのは人間なので、
自社のセールスポイントをしっかりと打ち出して、お客様の悩みを解消した
ホームページの準備を整えて土台をしっかりとしてあとはパソコンで作るつくる
だけとなれば業者や社内の若手スタッフなどパソコンの得意な人に
任せてかまいません。

社内で作成したとしても営業成績No.1や社長が率先して作成した
ホームページは見た目は素人がつくったホームページにしか
見えないかもしれませんが、お客様の気になるポイント、
売れる要素などの売れる本質をしっかりと押さえているため、売れる確率が高くなっています。

テクニックよりも重要なのは気持ちが伝わるか。

ホームページで売れる本質をベースにホームページ作成への誤解を解説してきましたが、
売れる本質とは、実はごく当たり前のことで拍子抜けしたと思います。

しかし、実際ホームページを作成するとなると、情熱がパソコンの方ばかりに行ってしまい、
ご自身のビジネスが見えなくなる方が多くいます。
自分で見て購入できるのか、このホームページだったら自分でも買う!
と思わなければ売れませんので最終判断は、
自分自身が購入するかしないかで決めたほうが良いと思います。

実社会もインターネット社会も実際にやり取りするのは「人と人」です。
ホームページはパソコンを使うからといって、
むずかしく考え込む必要はまったくありません。
お客様のことを第一に考えながらホームページをつくれば
必ず売れるホームページになります。
テクニックは二の次でも十分間に合うようになっております。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • はてぶでシェアする