売れるホームページの基本ができているかチェックしていきましょう

> サイトマップ
このエントリーをはてなブックマークに追加
売れるノウハウを知ってホームページだけで営業できるようになった!その理由とは
トップページ> 売り上げを上げるために必要なお問い合わせの超基本

ホームページ作成でお客様に安心していただくには、社内の様子やスタッフの顔などの写真が必要です

売り上げを上げるために必要なお問い合わせの超基本

売れるホームページの基本ですが「電話番号」と「受付時間」を目立つ場所に
置くことを再認識してください。さらにこの2つの情報を載せた上で、
電話番号の横に電話担当者の顔写真を入れると親しみがわきやすくなります。
仮に「お気軽にお電話をおかけください」と記載していても、
受付時間を書かなければお客様は電話をかけにくくなります。

メールやファックスなどは返信までの期限を明記する

メールのお問い合わせについても同様ですがさらにひと工夫して
「営業時間内であれば◯時間以内にご連絡させていただきます」と記載すればベターです。
お客様は「すぐに返事が来るのであれば問い合わせてみようか」という気持ちになります。
ファックスでも同じで「24時間受付中です」と記載するだけでもお問い合わせ率が上がります。

お問い合わせのイメージ そのお問合わせ項目は本当に必要か?

ホームページでお問い合わせフォームを使う場合には、
フォームの入力項目をできるだけ少なくすればお問い合わせ率がアップします。
3項目だけ入力すれば送信できるのと、10項目入力しなければ送信できないのとでは、
3項目のほうが冷やかし客も多いものの1・2~2倍くらいのお客様が問い合わせてきます。

入力項目の数は、本当に必要な項目なのか会社のエゴなのかを考えれば
自然とわかると思います。名前のふりがな入力や郵便番号など、
問い合わせる側のお客様にとって不要な項目はたくさんあります。

運営者の所在地や顔を出すことも安心につながります。
お客様に安心していただくには、住所や建物、社内の様子、実績、スタッフの顔などの写真が必要です。
ホームページはお客様への一方通行の会話なので、こちら側の情報をできるだけ公開して
安心感を出さなければお客様も不安になってしまいます。

「ちゃんと実在している会社です」「私の顔はこんな顔です」「社内はこんな感じです」
「お客様とも仲良く、誠心誠意仕事をしています」ということがホームページからしっかりと伝わるように、
上手に写真を使って表現しましょう。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • はてぶでシェアする