縦長のホームページでお客様が離れないホームページを作る!

> サイトマップ
このエントリーをはてなブックマークに追加
売れるノウハウを知ってホームページだけで営業できるようになった!その理由とは
トップページ> お客様が離れないホームページをつくる

ホームページの構成を考えて積み木のようなブロックを組み合わせて、縦長のページを作成してください

お客様が離れないホームページをつくる ホームページの情報は多いほど良い?それとも・・

ホームページは情報を詳しく載せるほうが良いと
今まで紹介してきましたが、注意点があります。
それは、情報量が多すぎたりページ数が多すぎれば、
お客様は見てくれないということです。

ホームページに来た人のなかで1回クリックしただけで
2割の人が離れるという統計があります。
情報を豊富にしたいからとページを細分化すれば、
お客様にその分のクリックをさせてしまいます。

クリックさせればさせるほど、お客様は購買意欲を失い
ホームページから離脱してしまうことを念頭においてください。

情報をストーリー仕立てにして縦長のページを作成することです。
楽天で売上ランキング1位になる商品は、
クリックせずに1ページ内に商品内容をすべて書いています。
送料、価格、商品説明、会社概要、お客様の声など
他のページに行かなくてもスクロールするだけで完結しています。

また、あちこちのページにクリックさせると、
お客様は自分がどのページを見ているかわからなくなり、
ホームページ上で迷子になってしまうので注意が必要です。

縦長ページの有効性

情報が散らばっているホームページの場合

トップページから6回もクリックしているのに注文画面に至っていません。
途中で嫌気がさしてホームページを去る人も、
迷子になって元の商品ページに戻れない人も出てくるでしょう。

ふだんホームページを見る時にひとつのページで何回クリックをするでしょうか。
インターネットを見る人を観察すると、読む、読まないは別として、
とりあえず一番下までスクロールする光景をよく見ます。
そこで、縦長のページ作成が有効になってくるのです。
縦長のページであれば、すべて表示されるため無駄なクリックがなく、
パソコンに不慣れな人でも情報が見つけやすくなります。

縦長ページのクリックの流れを見てみましょう。

1:「トップページ」にアクセスする。
2:「商品ページ」で商品を見たら送料や会社概要など全て書いてあった。

このように縦長ページはお客様がその気になればすぐに購入できる仕組み
を提供できます。詳しい情報にするとページが長くなる、長くなると読む人は
いなくなると考えがちですがクリックをさせないページのほうがお客様に受け入れられやすいのです。

私は長いページと短いページでどちらが購買意欲が高くなるか、お金をかけて実験したことがあります。
同じ商品、広告文、内容のホームページで、長いページのものと、短いページのものを用意しました。
その実験結果は、長いページのほうが短いページの2倍以上の成約数になりました。

商品力ももちろん大切ですがこれはホームページのつくりを変えれば
成約率を大きく上げられる証拠で、この歴然とした差には私も驚かされました。

この実験結果から、私がホームページを作成する際は人間のための
長いページを用意する一方で、検索エンジンが見るためにページ数も
ある程度多くするという、どちらにも対応するホームページを作成するように
なりました。あなたのホームページでもひとつのページを
ストーリーに沿って情報を詰め込めば成約率が上がるようになるはずです。

縦長ページをきちんと読んでもらうには?

情報をストーリーのように並べると、お客様に最後まで読んでもらえる確率(精読率)が高くなり、
あなたのことを理解してもらいやすくなるホームページになります。

映画監督の気分で読み手の心理を揺さぶる

あなたが想定するお客様に「まずはここを見て欲しい」
「その流れでこのページを見て欲しい」という風に戦略を立ててください。
お客様へ書いたラブレターを見ながらつくってもいいでしょう。
映画監督になったつもりで、お客様に楽しんでもらい、
ワクワクしてもらいながらホームページを見てもらうのです。

この場面を見せたから、次はここの場面を挿入するというように、
ドラマティックに起承転結を考え、お客様の心を揺さぶるように
想像力をフルに働かせてください。このように戦略的にホームページを
作成してお客様の欲しい情報と一致すればするほど、
成約率の高いホームページに進化します。

同じ情報でも組み合わせ次第
伝わる確率に差が出てきます

実は、ホームページの構成は簡単なブロック単位でできています。
たとえば「送料」「お客様の声」「実績」「商品の売り」などと
単体に分解できて、それぞれのブロックの組み合わせの順番次第で
売れる、売れないが決まります。

お客様が望む順番に近づけば精読率も高くなります。
ホームページの構成を考えて積み木のようなブロックを組み合わせて、縦長のページを作成してください。

ホームページの滞在時間を長くすればするほど、お問い合わせ率も高くなるといわれています。
お客様が10分以上いれば成約率が格段に高くなるというものです。

10分以上滞在してもらえるホームページを作成するのはとても大変です。
しかし、それを目指すのと目指さないのでは結果に大きな違いが出てきます。
まずはお客様が10分滞在できるホームページを目標にしてホームページを作成してください。
最初はむずかしいですが、運営しているとホームページに必要な情報が徐々にわかってきます。

運営してると様々な改善点が見えてきます。

「このページにはもっとこの情報が必要だ」「お客様からいつも同じ質問があるので追加しよう」
「新しいサービスもできたので追加しよう」「最近のお客さんはこういう言葉が好きだから伝え方を変えよう」
など、お客様の反応を見ながら修正すれば滞在時間が延びていきます。

そうすると、徐々にあなただけのホームページができてきます。
オリジナルのホームページができれば、あなたの文章がきちんと
読まれるようになり他社との価格競争からも脱出しやすくなって、
売り上げが上がるようになります。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • はてぶでシェアする