ホームページに載せる文章は書き方のコツをおさえれば誰でもできる!

> サイトマップ
このエントリーをはてなブックマークに追加
売れるノウハウを知ってホームページだけで営業できるようになった!その理由とは
トップページ> 誰でもできる文章の書き方

表現次第で「お客様のため」というニュアンスも生まれてくる文章の作り方をホームページ作成Fが無料で解説します

誰でもできる文章の書き方

いよいよホームページの柱となる、上手な文章の書き方について解説します。
ホームページは文章と写真(イラスト)で構成されますが文章でお客様を説得
できないと何も買ってくれないのでサイトマップと連動して考える必要があります。

ただ、文章を書く作業は手間もかかり感覚的に書いても相手に伝わらないので悩んでいる人も多いと思います。
私も以前は文章がまったく書けなかったのですが、一度文章を書くコツをつかんでしまえば誰でも文章は書けるようになります。

お客様に共感していただける一番簡単な文章作成の方法は、あなたの苦労話を書くことです。
自分の苦労話を書けば、誰もが共感できる文章が簡単にできます。

「この人は苦労しているから、きっと私のこともわかってくれる!」
「失敗経験があるから、同じ過ちは繰り返さないだろう」などと、
苦労話や失敗談を聞くと読み手はあなたに同情したり、共感したりしてさらに信用するものです。
心に響く文章の練習としてあなたの失敗談を書いてみましょう。
「その苦労を乗り越えられたのはお客様がいたからであり、
家族を守りたかったから」などと開業当時を振り返りながら書いてみてください。
これは実際に体験したものなので、心を打つ文章の書き方の練習として比較的簡単に書けるはずです。

ここで書いた文章は「代表者の紹介」などで使えるため決して無駄になりません。
ホームページに載せれば「この社長さんはこんなに苦労したんだ。
私と同じような苦労をしているから応援したい」という気持ちになって、
社長さんと一度話をしたいなどと反響も出てきます。
「社長の考えに共感したからこの会社を選んだ」という
お客様も来るようになるので、あなたの実体験はぜひ文章にして載せてください。

業界のウラ話など専門的な知識も得られる話題

業界のウラ話はとても書きやすく、お客様が興味を持って読んでくれるのでおすすめです。
ここで気をつけるのは嘘をついたり、他社の批判をしないことです。
他社の批判をして売り上げても長くは続きません。業界の短所などを書いて、
それを改善しているという文章にすると、お客様も読みたくなり、お客様からの信頼度も上がります。

何かを依頼する人は、相手がどんな責任者なのかとても気になるので、
代表者の気持ちや紹介が書かれたページは意外とよく読まれるものです。

単なる商品説明ではなく商品との出会いから語る

商品説明では、なぜその商品を扱うようになったのか、なぜお客様に売ろうと思ったのかを考えて
文章化してみましょう。なかには、偶然商品を売るようになった人もいるかもしれません。
しかし、その商品と出会ったドラマが必ずあるはずです。
「いくつも商品を試したけどこの商品が一番だと確信して、多くの人に使ってもらいたいから売り始めた」
「自分が頼みたい会社がなかったので自分でサービス提供することにした」など、
その商品を扱う理由が必ずあるはずです。

商品自体の説明も大切ですが、店主がなぜその商品を選んだのかという
思いの文章を書いて他社との違いを明確に出してください。

文章表現を変えれば違ったニュアンスが生まれます

文章力がついてくれば、もともとはお客様のためでなくても、表現次第で「お客様のため」というニュアンスも
生まれてきます。

納期に縛られたくないビジネスの場合

というように、言い方次第ではお客様のためだと伝えられます。このように表現で制限をかけることで自由な
仕事ができ、妥協なく作成ができるため信頼度も上げながらより良い環境で働くこともできます。
もちろん、このような表現をすれば、商品やサービスの提供内容に一切妥協は許されなくなりますが、
納品で手を抜かなければ自分にもお客様にも良い流れを生み出せます。

デザイン会社などへの依頼者は「納期は早く!」「品質は最高で!」「価格は安く!」と
作成する側が地獄を見るような無茶な注文をする人も多いですが、
文章の書き方であなた自身を守り、気持ちを楽にして経営することができます。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • はてぶでシェアする